d1425906122aff1e90b9fa29ba8fc74c_s

就活においても、人生においても、自己分析というのは誰しも無意識にやっているものですね。そこで必ずぶつかる壁が「自己分析をして将来のことがわかるのだろうか?」というものです。

未来の見通しがしずらい現代の中で、私自身も自分の進むべき道に迷ったことは多々あります。人間は見えないものに恐怖を感じる特性があるため、とても不安に感じてくることだとお察し致します。

しかし、誰にも必ずこれならやっていけるというものがあるはずですので、恐れることなくあなたの未来をご自分で思い描いてください。

実際の解決策としては、まず逆算方式を取っていきましょう。あなたが最終的に何をしたいのかが重要になります。

例えば、お金をたくさん稼ぎたい、人をたくさん集めたい、好きなことをやっていきたいといったものです。なぜこのような一見ありがちなことを書いたかといいますと、まさにこれが王道なのです。

現代の人達は生活のための収入という考えが必ず頭の中によぎります。このことからご自分が進むべき道を生活をするために決めることが多くなっております。

たしかに生活をすることは大切なのですが、人はそこまで強くなく、生活のためとはいえ興味のないことや、やりたくないことを長期間続けることが難しい生き物なのです。

それでも続けられてしまう人は、心身共に疲れ果ててしまいます。

逆にいえば、好きなことであれば長期間続けていくことができますので、その分野においてスペシャリストになる可能性も大きいのです。これが現代における分からない将来への活路なのです。

よって、あなたが普段自発的に行動をしてしまうものや、好きなものを洗い出しましょう。そして、将来こういうふうになるためには何が必要なのかを逆算して掘り下げていけばいいのです。

それが必ずあなたの思い描いている将来に変わってきます。将来がわからないということは、将来を自分の手で描いていくことが可能ということなのです。

現代は情報技術の発展によりいろいろな情報ややれることが無数に増えてきていますね。このような情報過多な状況に置かれると人は何をやるべきか見失ってしまいがちです。そのような時だからこそ「あなたのあなた自身の思考」というキーワードが重要になってきます。

周りに振り回されることなく、あなたがなりたい将来を考えることで、見えずらくわからない将来の外観を掴んでいくことが出来るのです。

最後になりますが、決して諦めないこと、なるべく明るく未来のことを考えること、これらを実行していってください。夢と希望はあなたが諦めない限り無限にあるのですから。