4664a61a1aaf63969747e3de0ca74434_s

自己分析はどこまでやればいいのか実際にいろんな人が悩んでいると思います。私も就活の際にいろんな人から自己分析をしろと口酸っぱく言われてきました。

実際に自己分析をしてみるとある程度自分のことがわかると思いますがきりがありません。なのでやみくもに自己分析をしても同じ答えになってしまいます。

もともと自己分析の目的としては私が考えるには、その名の通り自分を客観的に知ることです。それともう一つは自分のやりたいことを見つけることだと思います。

自己分析をするのはある程度知識をつけてからした方がいいかと思います。

知識をつけるたびに自己分析を繰り返していくことこれが大事なのかと思います。ここでいう知識は会社の説明会に行くことや社会人と直接会って話すことで得られる知識のことです。

なので私なりの順番としては、合同説明会や企業説明会に足を運ぶ、そこで感じたことや得た知識をベースに自己分析というよりは自分の軸を探していくことです。

ここでの注意点としては、とくに何もやりたいことが浮かばない人向けですが、業界業種関係なく聞きまわることです。

そうすることで、興味のある分野興味のない分野がわかるようになります。そしてそうすることで自分の軸も固まっていくと思います。

自分の軸とは私の考えではこれだけは譲れないことということです。例えば私が就活をしていた時の軸として持っていたのが、若い時からチャレンジできる環境で働きたいという軸をもってやっていました。

あともう一つの軸としては、自分の作ったものを世の中に発信したいという考えがあったのでIT企業がいいなと考えて就活をしていました。

まとめると自己分析は就活をするにはとても大事な要素であるが、必要以上にやる必要がないと思います。正直自己分析に正解はないと思いますし、就活にも正解はないと思います。

なので自己分析でやるべきことは、どういう人間なのか、性格などを把握して自分のことを聞かれたら答えらるように整理しておくだけでいいと思います。

就活で大事なことはとにかくいろんな床に足を運び、自分の価値観を広げ、どういうところに興味があるか、どういう将来像を描きたいのかそれを考えながら、楽しみながら就活することです。

あとは、会社と自分のご縁だと思います。なので無理に会社の考え方に合わすのではなく、自分が思っていることを伝えていき同じ思いを持っている企業では働くことがいいと思います。