20c2d9831cf298a5195f78bbcf00f8e4_s

就活中、「自己分析が難しい。うまく進められない。アドバイスがほしい」と感じることもありますよね。

あなただけでなく、多くの就活生が自己分析の難しさに悩まされているはずです。私も、就活中に同じように悩んだ経験をもっています。

まず認識してほしいと思うのは、「自己分析を難しいと感じ、悩んでいるあなたは、就活にまじめに取り組んでいる」ということ。

物事をいい加減にすまさない性格が、今の悩みを生んでいるんですよ。まじめに取り組んでいるからこそ、「思うように進まない。難しい」と思うわけですね。つまり、あなたにはそういうまじめで真摯なところがあるということ。

そして、そう自覚すること自体が、立派な自己分析の一つなんですよ。その上で、どうすれば難しいと感じる自己分析をスムーズに進めることができるか、お話ししますね。

一度、立ち止まって、自己分析のゴールを考えてみましょう。自己分析の目的は、面接で上手に自己アピールすることと、自分の適性を見極めて、企業選びをすることですよね。

そのために押さえるべきテーマは3つあります。それは「自分はどんな人間か?」「自分のやりたい仕事は何か?」「自分に向いている仕事、適性はどうか?」の3つです。

つまり、この3つの問いに答えることができるようになれば、その時点で自己分析は目的を達したということになります。

最初の問いは、自分の性格、長所と短所を知るというテーマです。2つ目の問いは、自分が本当にやりたい仕事を見極めるというテーマ、そして、3つ目は、果たして、そのやりたい仕事が自分に向いている仕事と言えるのか、自分の適性に合っているかを判断するための問いです。

この適性判断は、自分の「強み」の把握にもつながるわけですね。

就活の自己分析の方法はいろいろあります。どの方法がおすすめということは一概には言えませんが、とにかく、この3つの問いにさえ答えることができれば、それでいいのです。

「3つの問い、3つのテーマに答えられるように、自己を見つめなおす」というのが、自己分析なんですよ。そう考えると、そう難しくはないと思えてきますよね。

常に3つの問いを頭に置きながら、これまでの自分の歩みを振り返り、人からの評価や行動傾向を棚卸ししてみましょう。

ただ漫然と自己分析をしていた時とは違い、テーマがはっきりしているのですから、より具体的に自分自身をとらえることができ、自分の真の姿がフォーカスされるに違いありません。

私は、周囲のアドバイスを受けながら、こうした意識で自己分析に取り組むようになりました。そして、それ以降は「難しい」と悩むことなく、作業を進めることができたんですよ。

参考になさってくださいね。