2db0fc89e4dcee485aa37c50038226a1_s

自己分析といえば必ずと言っていいほど就活の場で必要になってきますよね。

エントリーシートや面接の場だけではなく、職種や企業などやりたい仕事を決める際でも重要なのが自己分析だと思います。しかし自己分析のやり方が中々上手くいかずわからないということもあるかと思います。

実際に私も自己分析ではとても苦しめられました。自己分析を自分なりにしてみても何を分析しなければならないのかがまずわからず途中で投げ出したりしてしまっていました。

しかし自己分析で何を導き出せばいいのか、ポイントをしっかりと押さえておけば就活に絶対に役に立つ自己分析が出来ます。

今回は実際に私は就活生の頃にやっていた自己分析の方法を踏まえながら、自己分析を上手くできるアドバイスをいたします。少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

まずは自己分析をなぜやるのかをしっかりと押さえておきましょう。自己分析は「自分が一番大切にしていること」を確認するために行うものです。

例えば私の場合は何かを仲間と成し遂げるために結果よりもチームワークを大切にしてきました。そのように部活動や学内、学外行事の中で何を大切にしてきたかを自己分析で知りましょう。

そしてそれはあなたが就活の際に職種や企業を選ぶ際の一つの基準となります。その軸を忘れずに持っておけば企業選びも間違えずに出来ます。

そして次に自己分析のやり方ですが、頭で今までの経験を思い描いてもぼんやりとしか思い浮かびません。

まずは紙とペンを持ち出して今まで経験したこと、例えば部活動や学内、学外活動、アルバイトなどを書き出し、なぜそこを選んだのか、そこで学んだこと、印象深いことを書き出します。すると自分が何を大切にやってきたのか、何を軸として活動してきたのかがわかります。

その他にも努力したこと、失敗したこと成功したことを書き出して自分の行動を見て自分の強みや弱みがどんどん見えてきます。

注意したいのが自己分析はすぐに終わるものではないということです。じっくりゆっくり考えましょう。もちろん就活中の自分の行動を客観的に見て自己分析をすることも大事です。

そして行き詰まったら友人や後輩、先輩、家族などに自分のいいところや悪いところ聞き出し、書き足していくのです。すると自分が思いもよらなかったいいところや悪いところがわかっていきます。

私はこの方法を取り入れて就活を行い、自分の軸にあった企業に就職できることができました。自己分析の目的を頭において焦らずにゆっくりと自分自身と向き合い、就活も成功させましょうね。