b4779a33543ca993589e3ffcf4c74297_s

就活生の必須作業と言われている自己分析ですが、「正直言ってやりたくない。どうしてもやらなければならないことなんだろうか」と疑問に思うこともありますよね。

あなたのように感じている人はほかにもたくさんいると思いますよ。というのも、私自身が就活中に「自己分析なんてやりたくない」と、かなり強く思った経験があり、また友人の中にも同じ思いの人がいたからなんです。

そんなとき、私はほかのことでたまたま会った、社会人になっている先輩に愚痴ってみました。

すると先輩は、「もし、今、面接官の心をつかみ、内定をもらえるだけの自己プレゼンをする自信があるんなら、自己分析はしなくてもいいよ」というのです。

もちろん「自信あります」とは答えられませんでした。いきなりそんなこと言われても、自信があるわけありませんよね。実際には、まだ就職面接を受けた経験もないんですから。

けれど、考えてみると、先輩の指摘通り、面接の成否を決めるのは「自己プレゼンの質」ですよね。自分をどれだけ強くアピールし、面接官の心を動かすことができるかどうかが、合否を決めるわけです。

そのために必要なことは何かと言うと、「自分のことを良く知り、強みとアピールポイントを正確に把握すること」になります。

これって、営業マンが自社の商品を売り込むときと同じことなんですよね。営業マンは営業に出る前に、売り込む商品のことを勉強します。どんなに優秀な営業マンでも、商品知識を持たずにセールスを成功させることはできません。

いかにその商品について深い知識を持ち、セールスポイントをつかんでおくかが、営業の成否を決めるわけですね。

就活の面接もまったく同じなんですよ。就活生が応募した企業に売り込む商品は「自分」です。

自分という商品ががどれほど魅力的な人材か、その企業にとって自分を採用することにどんなメリットがあるかを、就活生が説明するのが面接です。

その時、「実は自分のことをよくわかっていない」という状態では、とても説得力のある説明なんてできませんよね。よくわかっていないどころか、間違った自己評価をしていたならどうでしょう。売り込みにはとてもなりませんよね。

では、どうしたら、優秀な自己セールスマンになれるのか。それは、自己分析によって、自分という商品の良さをしっかり把握することです。

自分という商品に関する正確な知識を得ようとするための方法として、自己分析ほど効果的な方法はほかにないんですよ。

考えてみてください。ほとんどの就活生は自己分析を行っています。みんな、それぞれに自分という商品について深く学んだ上で、面接に臨むわけです。

そんな中で、一人だけ、まったく商品知識を持たずに面接を受けるのはかなり不利、というよりもほとんど無謀なことではないでしょうか。

私はこうした先輩の助言に従い、自己分析をした上で、面接を受けることにしました。今の仕事につけたのも、そのおかげだと思っていますよ。

参考になさってください。