c668237b52ef9a538f25e4950ef44d38_s

就活で必ずと言っていいほど耳にするのが自己分析というワードですよね。よく就活関係の本を読んでもセミナーなどに参加しても自己分析の大切さや必要性を聞きます。

また、実際に企業のエントリーシートや面接の際にも自己分析のことについて聞かれることがよくありますよね。しかし実際に自己分析をしてみるとどうも上手くいかない、コツが掴めないということがあるかと思います。

私も就活生の頃は自己分析に大いに苦しめられました。

自分では頑張ってやってみているつもりでもなかなか納得が行く考えに行き着かなかったり、面接で自己分析について聞かれると回答が上手くいかなかったりすることがありました。

なので自己分析についてイマイチコツをつかめていないというあなたのお気持ちはよくわかります。

そこで今回は私が就活生の頃に掴んだ自己分析のコツを元にどうすれば納得が行く自己分析ができるか、アドバイスをしたいと思います。このアドバイスで少しでもあなたのモヤモヤとした気持ちが晴れれば幸いです。

自己分析のコツは「自分が一番大切に思っていることを知る」ということを念頭に置いて始めれば至って簡単に、そして深く分析をすることができます。

これは自己分析の目的にも当てはまるのですが自分が大切にしている価値ともいうべきでしょうか、その価値を知ることで企業選びの際の基準にもなりますし、社会人としてどうなりたいかをはっきりとさせることができます。

また、自己分析をする際は必ず紙に書き出すということもお勧めします。頭の中でぼんやりと考えてみても次の日には忘れてしまいますし、メモ程度に残しておけば社会人になってからも見返すことができます。

年表のようにこの時期はこんなことを頑張った、など年に分けて書き込むのもコツです。

そして最後に大事なコツが自己分析をやりすぎないことです。中には考えすぎて他の対策ができていなかったりする人もいました。

確かに自己分析は大切な作業ですが、あまり考えすぎず、時間も取りすぎないことがコツの一つです。あなたの大切にしているもの、価値観がわかれば将来進みたい道も自然とわかってきます。楽に、楽しみながら自己分析を行うということも上手くやるコツの一つになります。

こうして考えてみると自己分析も意外に単純で楽しそうな作業に思えてきませんか。ただでさえ就活は精神的にも肉体的にもきつくなることが多いです。

だからこそ楽しむということを忘れず自己分析も行いましょう。