6eb8cd5210b89f7b89246bf68dfee10f_s

就活で必ずと言っていいほど重要になってくるのが自己分析ですよね。よく自己分析セミナーなども大学や学外のスクールで行われています。面接やエントリーシートの場でも自己分析の結果を伝えたり記入したりすることもあります。

しかしそもそも自己分析ってなぜしないといけないのか疑問に思うこともありますよね。実際に私もその一人でした。

何のために自己分析をやるのか、そもそも自己分析は就活と何か関係にあるのかがわからず、自己分析を怠っていました。しかし就活を行う中でいかに自己分析が必要なのかということがわかってきました。

そこで今回は実際に私が就活の中で感じた自己分析の大切さを元になぜ自己分析が必要なのか、就活にどう影響するのかをお伝えしようと思います。少しでもあなたの疑問が解決できれば幸いです。

まずは自己分析の目的です。自己分析は「自分が一番大切にしていること」をはっきりさせるための方法です。

大切にしていることとは例えばチームで何かをやるときに一番結果を大切にしていた、とかチームワークを大切にしていた、とかある経験の中であなたが行動する際に何を重んじて行動していたかということです。

その軸がわかればあなたが企業や職種を選ぶ際に間違った企業の選び方をしませんし、就職してから企業とあなたとのずれを最小限にとどめることが出来ます。

大切にしていることがわからなくても部活動やアルバイトを選ぶ際に何を基準にして選んでいたのかというのも大切にしていることに結びつきます。次に自己分析は自分の強みや弱みを知るための機会にもなります。

経験を通じてどんな努力をしたのか、失敗したことは何か、辛かったこと、嬉かったことをは何かを知ることによって自分が強い部分と弱い部分を探る機会になります。自己分析をしてみると自分自身でもわからなかった意外な強みや弱みを知ることが出来ます。

そしてそれらは企業に自分をアピールする際に強い材料となります。自己分析をすればするほど自分の強みもわかっていき自信にもつながります。

そして自己分析でわかったこと、気付けた自分の強みや弱みを生かすのは就活だけでは終わりません。

あなたが就職してからも自己分析ではっきりさせた大切にしていることを軸に仕事をすることで自分の力が思うように発揮できることが出来ますし、強みを生かして弱みは改善していくことが出来ます。自己分析は何も就活のみに必要な事柄ではないのです。

このように自己分析をするというのはあなたの未来にもつながっていきます。あなたの軸をしっかりさせるためにも自己分析をしっかりと行いましょう。