00b6461f9004e58ec31152c419700b36_s

自己分析はどれくらいの期間行えばいいのか悩みますよね。自己分析は就職活動の時期になるとよく耳にすることが多くなるかと思います。

就活関係の参考書やセミナーなんかでも必ず自己分析のやり方や大切さを聞いたり、教わったりします。しかも企業での面接やエントリーシートで回答を求められることも多々あります。

実際に私も就活生の頃エントリーシートで問われたり、面接の際に自己分析の結果を問われることもありました。しかしそんな自己分析はどれくらいの期間行えばいいのでしょうか?

私も悩んだことがあります。就活の期間はずっと行うべきなのか、自分がこれでいいと思えばやめてしまってもいいのかわからなかったです。

なので期間に悩むあなたのお気持ちはよくわかります。そこで今回は実際に私の経験談を元に、自己分析はどのくらいの期間行えばいいのかアドバイスをしたいと思います。

最初に結果を述べると、自己分析は就活前でもあとでも常に行うことが良いかと思います。

しかし常にといえども毎日行うのではなくて、就活に行き詰まったり、自分が将来どうなりたいかわからなくなったら、自己分析をしてみてヒントを得るというような、その時々の悩みやつまづきに対して行うというのがいいかと思います。

私も自分の就職への方向性がわからなくなったり、面接の受け答えがうまくいかなかったりしたらゆっくりと自己分析をしてみて頭の中を整理してみるといった方法を取っていました。

なので期間を決めるというよりは就活がうまくいかなくなったら一度立ち止まって自己分析をやってみるという感じで取り入れていました。もちろんあなたの納得のいく就活が出来たのならば自己分析を行う必要性はもうないでしょう。

しかし内定が決定後に改めて自分自身を見つめ直してみて、やっぱりもう少し就活を続けてみようと頑張っていた知人もいました。

なので自己分析は期間を決めるというよりかは自分の納得がいく将来への道が決まるまで、一つの道標として行っていくという方が就活も人生もうまくいくと思います。

自己分析は就活をやり始める頃に一度じっくり行うと自分の将来の方向性がしっかりと見えてきます。なので就活前にも少し自分自身をわかっておくという意味でも自己分析をやってみるととてもスムーズに就活を進めることができると思います。

自己分析はいつまでやればいいんだ、と考えすぎず納得がいく就活になるための一つの手段として行っていけばうまくいきます。焦らずに期間を決めずにゆっくりと行ってみてください。