5ff48d9b0f54ca982d402ee8b24e526c_s

就活で必ずと言っていいほど目や耳にするのが自己分析ですよね。自己分析は就活に必須とよく本やセミナーでも言われています。

しかし自己分析にかける時間は一体どのくらいの時間をかければいいのかわからないですよね。

就活は他にも履歴書やエントリーシートをまとめないといけないですし、説明会や面接、グループワークなどのスケジュールもしっかりと把握しなければなりません。

自己分析だけに時間だけかけてもと思いますし、しかしどのくらいかければ理想なのかも知りたいところです。実際に私も自己分析にどのくらいの時間をかけてやればいい自己分析ができるのか、これくらいでいいのかなど標準的な時間がわかりませんでした。

なのであなたのお気持ちはよくわかります。

そこで今回は自己分析にどれだけの時間をかければいいのか、私の経験を元に理想的な時間をアドバイスしたいと思います。

自己分析にかける時間、それは短く、しかし継続的に行うというのが理想的だと思います。

例えば自己分析だけの時間を1日集中して作る、これはかなり非効率だと思います。なぜなら自己分析はじっと考え込んでいても答えがその瞬間に出るとは限らないからです。

あなたの過去の行動を思い出しながら自己分析をするためには時間をかけることが必要ですがそれでも30分ほどでいいでしょう。大事なのは常に自分の行動について意識しておくことです。

そして楽しいことや、やりがいに思うこと、熱くなれることなどをメモしていきましょう。それだけでも自己分析はとてもうまくいきます。日常生活の中で自己分析は十分にできるのです。

気をつけて欲しいのは思ったことはできるだけメモを取っていきましょう。携帯のアプリにメモ帳などもたくさんあります。紙のメモ帳が面倒くさいのであれば携帯を駆使してメモを取りましょう。

自己分析はあなたの日々のちょっとした行動に大きなヒントや答えがあります。

1日やって終わるのではなく、特に就活の間は短く、そして継続的に自分自身について意識をしておくのが自己分析を納得できるものにする秘訣です。意識をしておくとそれがだんだん当たり前になり、自然と自分自身を日常生活の中で見直すことができてきますよ。

たまには他人にあなたのことを聞いてみるのもいいかもしれません。

自己分析をより良いものにするためには短い時間で、しかし継続的に行っていくことが大切だと思います。ぜひ意識的に始めてください。