8b78540ca6c3d6d850957f533be1b2dd_s

就活で必ずと言っていいほど目や耳にするのが自己分析だと思います。自己分析は企業の面接で聞かれるときもありますしエントリーシートで記載をする場もありますよね。

自己分析は企業選びや将来どんな社会人になりたいかを自分に問う際にも重要な材料となります。しかしそもそも自己分析ってどうやってやるのか最初は中々分からないですよね。

実際に私も就活生だったころ、この自己分析にかなり悩まされました。まずどんな目的でやるのかもわからず、どうやって進めていいのかもわからず、中々就活が進まなかった記憶があります。なのであなたのお気持ちはよくわかります。

そこで今回は実際に私が就活生だったころに行っていた自己分析の方法を交えて、どのようにやればうまく自己分析ができるのか自己分析のやり方をお伝えしたいと思います。このアドバイスで少しでもあなたの疑問が解消できれば幸いです。

まず、自己分析の目的から知ることが大切です。自己分析は一言で言えば「自分の軸を知るための方法」だと思います。

あなたが経験してきたこと、例えば部活動やアルバイト、学内活動や学外活動の中で何を一番大事にしてきたかを知るための方法です。

何かを行う際に結果を大事にしてきたのか、チームワークを大切にしてきたのか、何に興味を惹かれたのか、どんなときに嬉い気持ちがあったかを確認します。それらを分かっていれば企業選びの際に失敗しませんし、自分の理想の社会人を思い浮かべやすいです。

次にやり方ですが、頭の中でぼんやりと考えるのではなくて、しっかりと紙に書き出しましょう。記録をしておくことで履歴書やエントリーシートの記載の際にも役に立ちます。

おすすめなのが年表のようなものを作成してこの時期にこういう理由でこの活動をした、とかこういう経験をしてこう思ったとか活動内容やその感想を書きましょう。

すると自分が何を基準にして進む道を選択してきたのかぼんやりと、そしてだんだんしっかりと軸が見えてくるはずです。どうしても行き詰まるときは友人や知人、家族などにあなたのいいところ、悪いところを聞くのもいいでしょう。

自分が思いもしなかったような長所に気づかせてくれるときもありますし、逆に短所も気づかせてくれます。

自己分析は就活のときだけではなくこの先生きていく上での大事な指標にもなります。自分を見つめ直す機会というのが中々ないといった面ではこの自己分析は本当に人生に必要なことです。

やり方をきちんとわかってから自分自身に目を向けて進みたい道を選択していきましょう。