92fb1aa9ac6a380fc88a98747c89c5d9_s

就活では自己分析をすることは必須と言われていますが、自分に強みが無いと多くの人が悩んでいるようです。

あなたも自分に対して強みが無いと悩んでいるとすれば、私も同じような経験をしたのであなたの不安な気持ちがよく分かります。

誰にでも良い部分はあるので、あなたも就活に自信を持って臨んでもらいたいものです。

では、自己分析をしても強みなどが何もない場合はどうしたらいいのでしょうか?私の経験を踏まえてアドバイスを送りたいと思います。

就活での自己分析の目的は、自分自身に向き合うことで、企業に自分を売り込むことができます。

企業側からすればあなたの事を詳しく知りたいと思いますし、あなたも企業に自分のことを知ってもらいたいはずです。

その為には自分のエントリーシートにある自分の強みをアピールして、企業側に印象を良くしたいと思いますよね。

しかし自分自身の強みを改めて考えても、すぐに浮かびませんよね。私も就活の時のエントリーシートの自分の強みは、まったく思い浮かびませんでした。

その時は就活自体も自信が無く、就職できるのか不安な毎日を過ごしていました。

私が自分の強みを知ることができたのは、ある面接がキッカケでした。私は自信が無かったのでエントリーシートの強みの欄には、何も書かないで面接を受けてしまったのです。

面接の時には当然何も書いていない事を聞かれましたが、素直に自分の強みを見つけられなかったと答えました。

すると面接官の人から、自分に自信が無いと素直に答える姿勢と謙虚さが強みと言えます。と言われたのです。

私はその言葉に救われた気持ちになりました。

私はずっと自分に強みが無いと思っていましたが、見方を変えることでそれが自分の強みに変わったのです。

あなたも自分には強みが無いと悩んでいるとは思いますが、私は強みが無い人はいないと思います。

誰でも自分の良い部分見つけにくいですが、人の良い部分は見つけられますよね。人は何かしら良い部分を持っているもので、その部分に自分自身が気づいていないだけなのです。

あなたも今は自分の強みに自信が持てないかもしれませんが、あなたのウィークポイントは見つけられるはずです。

私は自分のウィークポイントだと思っていた部分を、強みに変えることができました。

見方によっては自分の強みになることもありますし、あなたがそれに気づけていないだけかもしれません。

あなたも見方を変えることで、きっと自分の強みに気づくことができるはずです。

自己分析をしても強みなどが何もない場合の対処法を紹介しました。

あなたにもきっと強みと呼べるものはありますし、それにあなたが気づいていないだけなことが多いはずです。

就活で大変な時期ではありますが、自分ともう一度しっかり向き合って見方を変えることで、きっと強みを見つけることができるはずです。

自分に自信を持って就活を頑張ってください。