428781f4f4bd212233c681644a49c6a6_s

就活においては、まずよく自己分析と企業分析をしっかりと行うようにと誰もが言われますよね。このことに疑問を抱く就活生は本当にたくさんいると思います。

あなたのこの気持ちは本当によくわかります。なぜかというと私が新卒で就活をしていた時も全く同じ気持ちだったからです。

そもそも自己分析がなぜ就活に必要なのかという、この関連性を理解できません。また自己分析とは具体的にどのようなことを指しているのかもわかりません。

どうやってどれぐらいの労力をかけることが正解なのかもよくわからないですよね。自己分析のやり方について教えてくれる参考書のようなものもたくさん売られています。しかしそれぞれの本によって書いてある内容が全然異なるため、どれが正解なのかもわかりません。

このように自己分析というものが、本当に強く就活生を惑わし続けるのです。あなたもその一人だと思いますよ。全然恥ずかしがることでも何でもありません。

このような問題を解決するために私がアドバイスできることは、自己分析は絶対に必要だということです。

なぜかというと自己分析をしっかりとできていなければ、就活における面接で適切な受け答えができないからです。

ただ、自己分析をどうやって行えば良いのかもわからないと思います。でも実は、これも簡単です。よく就活サイトや就活の参考書には、面接でよく聞かれる質問をまとめたものがあると思います。それらに対する答え方を事前に用意するだけです。

これが自然と自己分析となります。

そして面接においてもスラスラと質問に答えられるようになります。私も実際に最初は面接で面接官の質問にいつもちゃんと受け答えができずに不採用の連続でした。

しかし前述の方法で自己分析をしてからは、面接でしっかりと受け答えができるようになり、不採用になることも格段に減りました。少し違った感じの質問が来てしまったとしても、この自己分析ができていれば、その応用で意外と乗り切れてしまいます。

つまりなぜ自己分析が必要かというと、就活において最も重要な面接の受け答えにおいて必須となるからです。自己分析は決して悪いものではありません。自分を改めて見つめ直す良いチャンスともなります。

就活以外にも役立つかもしれません。そしてこれをしっかりとやっておくだけで、面接に自信を持って挑戦できるようになります。就活で成功するための近道となるものです。

あなたが無理に構えてしまったり、怖がる必要性も全くないのですよ。