8ba90fc877c4cbf5671e7e72ecedf760_s

就活生にとって避けては通れない「自己分析」。ほとんどの就活生がそれに取り組んでいるはずですが、中には、自己分析をしても長所が見つからないということもあるでしょう。

長所が見つからなくて悩んでいる人、「何かアドバイスをください」と思っている人は、あなただけでなく、たくさんいるんじゃないでしょうかね。

私もその一人でした。自己分析をすればするほど、自分に関するマイナス情報ばかりがあがってきて、「自分には長所なんて一つもないじゃないか」と思ったものなんですよ。

そのままでは、きっと就職はうまく行かなかったことでしょうね。私はその時、OB訪問で出会った先輩からすばらしいアドバイスをもらうことができ、その悩みから解放されることができたました。

その先輩は、こう言ってくれました。

「自分の長所ばかり探そうとするのが、ふつうの人の自己分析。なのに、君は、自分のマイナス要素ばかりを見ている。これは、就職面接でも、そして就職して仕事を始める際にも、大きな力になるはずだよ」。

その意味を説明しますね。長所ばかりを探してピックアップする人は、自分のプレゼンはうまいかもしれないけど、浅い人間という印象を、面接官に与えかねません。

けれど、逆に自分の欠点ばかりが目について長所が思いつかないというタイプの人は、人間的に正直で真摯、「自分に厳しいタイプ」ということができるでしょう。

自分に厳しいタイプの人を嫌う企業は、まずありえません。つまり、「自己分析して、長所が見つからない」と思っているあなたは、企業側から好印象をもってもらえる可能性が高いということなんですよ。

ただ、それが自信のなさになってしまうと、やっぱりマイナスに作用しますよね。ですから、長所が見つからないという現状を変える努力は必要になると思います。

ではどうしたらいいのでしょうか?考えてほしいのは、「そもそも長所って何?」ということなんですよ。

「長所」と「短所」は裏表の概念です。たとえば「人にやさしい」とか「人を疑わない」というのは、人間にとって長所ですが、逆に見れば「だまされやすい」という短所にあるわけですよね。

逆に「口下手」というのは短所という評価をされやすいですが、逆に「口よりも行動で心を表すタイプ」ということができます。そう表現すると、人間的な長所と感じられるのではないでしょうか。

もしあなたが今、「自己分析したら、すべて短所」と思っているなら、ぜひその1つ1つについて逆の評価をしてみてください。少なくても半分ぐらいは長所に転じることができるんじゃないでしょうかね。

1つだけでもそういう逆評価ができれば、ちがう自己分析になると思いますよ。