2ae3dee9d14061db7bcb981c4edcc0cb_s

自己分析をする意味はあなたが働ける企業の中で働きたいと思える企業を探すためにやります。

あなたが働けない企業にいくら履歴書を送っても面接しても落ちるので意味ないですよね?また、あなたが働きたくない企業で働いてもそのうち辞めちゃいますよね?

自己分析をやらないと働きたい企業も働ける企業もわかりません。

面接に落ちること、それは企業にとってもあなたにとってもメリットはありません。無駄な努力と無駄な労力、無駄な交通費を使いたくないなら絶対自己分析をやるべきです。

実際に就活をしていて、手書きの履歴書を書くのはめんどくさいです。

新幹線を使って面接いって落ちたときはホントに財布も心も痛いです。面接に落ちれば落ちるほど自分を否定してしまって自分のことが嫌いになって嫌な気持ちになります。

あなたはこんな嫌な思いをしたいですか?したくないなら自己分析をしっかりとやった方が良いです。

あなたの就活の目標はあなたが最も働きたいと思える企業に入社することだと思います。

ただ、一社だけ受けて落ちたら最悪ですよね?だから2番目、3番目に働きたい企業の面接も受けると思います。決して働きたくない企業や受けても落ちる企業は受けるために複数社受けるわけではないですよね?

なので、具体的に自己分析をする上で下記の2つを常に意識して自己分析をするといいでしょう。

  • あなたが働きたい企業はどんな企業なのか
  • あなたが受けても受かりそうな企業どんな企業なのか

この2点を意識することで、具体的な自己分析のやり方がわかるかと思います。

働きたい企業を探す=あなたのやりたいこと。受けても受かる企業を探す=あなたのできること、またはできそうなこと。

上記の2つが自己分析によって明確になってきます。

就活をするには上記の2点についてどれだけ真剣にかつ真摯に向き合えるかが大切になってきます。

これから就活で面接に落ちることがあって落ち込むことがあると思います。または、落ち込んで悩んでいるからこの記事を見ているかもしれません。

悩んだり迷ったときほどシンプルに考えて自己分析をするといいでしょう。

そして一番大切なことはあなたのやりたいことを最も大切に考えて下さい。就活はあなたのためにやるものです。自己分析もあなたのためにやるものです。

決して他人のためではありません。あなたが働きたい企業に入社すること。これが一番大切だと思いませんか?

あなたのために自己分析はしっかりやると良いですよ