851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

就活には必ず必要といってもいい自己分析があります。

ただ、学校で就活アドバイザーの人から言われて何となく自己分析していて、実際家や学校で自己分析してみるとなかなかうまく行かず、途中で投げ出して、自己分析なんて必要ないって思ってしまいますよね。

私にも就職活動した時にそんな思いになったことがあります。

現状、就職した後で実務で自己分析を問われることはありませんし、仕事と直結しているとも思えない。だから、あんまり自己分析なんて必要ないのではないかとも思ってしまいますよね。

しかしながら、はっきり言って自己分析は必要です。そもそも、なぜ自己分析が必要なのかを少し考えてみるとわかります。

もし、あなたが面接官であった場合、面接に来ている人がどんな人間なのか知りたくなりますよね?社交的な人なのか、内向的ではあるが真面目な人なのか、知りたくなりますよね?

面接時間には限りがありますから、一から聞いている時間はないし、何人も就活生がいるのでできるだけ短時間に相手がどんな人間なのか知りたいというのが、面接官の心情であると考えられます。

そんな時、相手がきちんと自己分析してきてくれていたら、短時間に相手がどんな人間なのかを知ることができますよね?

従って、自己分析は必要なのです。では、実際どう自己分析すれば良いのか?

これは、自分の経験から言うと、極力マイナス面を抜いて、積極的な形でまとめてみるというのが良いと思います。

自己分析をしていると、自分は時間にルーズだとか、コミュニケーション能力がないだとか、マイナス面ばかりに目が行ってしまい、暗い気持ちになってしまいます。

そんな時、これをプラスの方向に言い替えてみてはどうでしょうか?

例えば、時間にルーズではなく、時間に関係なく人付き合いができたり、仕事に没頭することができると考えてみると、意外と自分は良い人材ではないかと思い込むことができます。

このように、言い方や目線を少しだけ変えてみると、自己分析がスムーズになると思います。最後に、自己分析というのは就活の時も必要となりますが、仕事をしていると、学校とは違って自分の意見が求められます。

その時に、自分がどんな意見を出すのかを周りの人間は見ています。このとき、あなた自身が改めて自己分析をすることになります。

自分はどんな人間でこんな意見を思っているだとはっきり表示をしないといけません。難しく考える必要はないですが、自己分析できる時に、とことんしておくべきだというのが、就職してから思います。

実際、自己分析なんて、短期間でできるものではないし、年齢を重ねると、自分自身も変わっていきますよ。だから、その都度、自分を振り返る必要があるんですよね。