82728ee33c7b10e924d11fa4cf792bf6_s

就活で自己分析を求められることがあるかと思います。漠然と自分のことを認識していますが、論理的で簡潔に自分を見つめ直して他人に説明するのは難しいものです。

多くの人が苦手としていることだと思いますから、余り悲観する必要はありません。又、何でそんなことをしなければならないのかと疑問に感じている方も少なくないかもしれません。

やらないで済むのならばやりたくない。そう思っている方もかなり存在しているのではないでしょうか?そこで、ちょっとアドバイスをさせて頂きますね。

そもそも自己分析が何故必要なのかというと、就活的に言えば、ひとつのふるいです。

文章でまとめる、又は面接で口頭で説明する、又はグループ・ディスカッションで披露しあう。
手段はいろいろとあると思いますが、企業側がそれを求める理由のひとつがふるいです。

つまり、同じ内容を学生に投げかけて、どういう答えをするのかを観ている。その応え方、内容で、選別をする為の方法ということです。

中身がこうでなければならないという問いかけではないのです。

どういう視点があるのか。どういう論理性があるのか。どういう生き方をしてきたのか、又はしようとしているのか。など、様々な見地がそこにはあります。

ですから、ふるいにかけたい企業側からすると、この分析を披露させることは、自らが選別をしやすくしている方法ともいえます。

つまり、正解を考える必要はありません。ありのままの自分を見せればいいのです。小手先でややっこしい事を言う必要はありません。

就職のプロセスで一番大事なのは、等身大の自分を見せることです。付け焼刃のコメントは、多くの学生を選別してきた企業人事側には全てお見通しですから。

次に、訓練の一環ともいえます。

ふるいをかけた結果、入社した暁には、常に自己分析を強いられる環境におかれることになります。社会人生活とは学生とは違う物事を求められるのです。

学生の時代なら、自分の事は自分でわかっているのだから、あえて人に話さなくてもいいかもしれませんが、社会人になるとあらゆる場面で初対面の人たちや、様々な職種、出身、年代の人たちと交わらなければなりません。

その際には、自らの事を早く知ってもらわなければならない場面が多く、的確論理的に自らをアピールできないと、不利になる可能性があります。

又、自分だけではなく、他者に対する視点も求められます。他者を信じるか信じないか。契約するかしないか。一緒に仕事をするべきかしないべきか。常に状況分析を判断を求められ続けます。

ですから、就活の場面のふるいにかける為だけでなく、今後の社会人人生で習慣的に自己分析ができる事が求められるのですから、いち早く就活の時点からこういう分析を求められるともいえるのです。

自己分析は、SWOT分析を常にできる頭にしておくと、余り苦労しないで伝える事ができます。SWOT分析とは英語の「強み」「弱み」「脅威」「機会」を意味する単語の頭文字です。

つまりこの四つの観点を常に頭に描いて分析する事を習慣化することです。これは、自己分析だけにとどまりません。他者、他社に対しても、同じ観点で分析する習慣化するのです。

そうすると、突然分析を求められても、即座に答えることができる自分になれます。

就活で求められる自己分析は、入社する為にふるいにかけられる一つの課題ですが、その後の社会人人生にも絶対的に必要な尺度なんです。

ですから、嫌いでも、やらなければいけないことだと理解して臨むべきだと思います。