5c0b5e08b4ecdf1d7eab77db06ed9e59_s

就活といえば必ずと言っていいほど耳にするのが自己分析という言葉だと思います。自己分析は就活をする際にはやったほうがいいとよく聞きますよね。

また、エントリーシートや面接などでも自己分析の結果などを聞かれることもあるかと思います。しかし自己分析は何を始めたらわからない、そもそもなぜ自己分析は大切なのかと疑問に思うこともあるでしょう。

実際に私も就活をやっている最中でも自己分析の大切さがいまいちわからず、自己分析をせずに就活を行っていたりもしていました。なのであなたのその疑問に思う気持ちもわかります。

しかし就活をしていくうちにだんだんと自己分析の大切さを知ることになりました。

そこで、今回は実際に私が経験したことでわかった自己分析の大切さを踏まえてなぜ就活に自己分析が必要なのか、自己分析の大切さをお教えいたします。少しでもあなたの疑問が解決できれば幸いです。

まず自己分析というものは「自分が一番大切にしていることはなにか」を探るために行うものです。

例えばあなたが学生時代に部活動を決める際に何を基準として選択をしたでしょうか。私はチームワークを大事にできる部活動がいいからと、音楽が好きだったから吹奏楽部に入部しました。

このチームワークを大切にしているということが大事で、私の企業選びの基準にもなりました。このように自分が大切にしていることが明確になれば企業選びにも失敗しません。

また自分の強みや長所、短所などを探る際にも軸になる、大切にしてきた部分がわかっておくと自分のことについてもっと深ぼりすることができ、面接などの際にもぶれない回答をすることができます。

このように自己分析はあなたの将来を決める際の選択の基準になるため、就活の際で行っておくのはとても大切なことなのです。

自己分析をすることで自分自身をしっかりと見直してみる機会にもなり、どのような社会人になりたいか方向性を決めることができるのです。

自己分析は内定を取るためだけの手段だけではなく、あなたの将来をしっかりと消える上でとても大事な材料になります。

私も最初はやらなくてもいいのではと思ったほどでしたが、実際に分析を行ってみて、初めて自分を見直すことができ、自分が本当にやりたいこと、どんな社会人になりたいか、どんな仕事をしたいかを知ることができたのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?自己分析の大切さを少しでもお伝えすることができたのならば幸いです。ぜひ自己分析を実践してみてください。