08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

転職の自己分析で不可欠なのが、長所と短所の見つけ方です。

ですが、自分では良く分からなくなりがちな項目で、いざ考えてみると悩んでしまいますよね。

私も過去に転職活動をしていた時、長所と短所をどう見つけたら良いか悩んでいたので、あなたの気持ちがとてもよくわかります。

参考になるかどうかは分かりませんが、あなたと同じ状況だった時、実際に私が心がけたことを書き出していきます。

良かったら参考にしてみてくださいね。

まず、長所の見つけ方ですが、以前働いていた職場でどんなことを褒められましたか?一度思い出してみてください。

気が利くとか、対応が早いとか、クレーム対応が冷静で助かるなど、色々あると思います。

それらはすべて、立派なあなたの長所です。

自分でもし良く分からないと思うことがあっても、実際に周りの人から見えているあなた自身の姿なので、自信をもって書き出していきましょう。

また、自分が得意なことや実際に働いてみてこの仕事は凄く楽しかった等、きっとあると思うので、それも一緒に書き出してみてください。

パソコンを打つのが早い、英語が話せるなども説得力がある長所ですが、集中力がある、協調性があるなどはどんな職種でも活かせる欠かせない長所だと思うので、幅広い目線で探してみてください。

次に短所の見つけ方です。誰もが人間ですから、自分の嫌な部分というのはあると思います。

あなたは、自分でどんな部分が駄目なところだと思いますか?それに加えて、今まで働いてきてよく相手から注意を受けたところはどんな部分でしょうか?

それらを一度思い出して書いてみると良いと思います。

短所は一言でいうと自分の「欠点」となってしまう部分だと思いますが、それとどう向き合っているのか、その姿勢を見せることも大切です。

例えば、「すぐ焦る」とよく相手から言われる、自分でもそう感じている場合、「すぐ焦る→仕事で焦らないよう、事前にしっかり準備をする→焦ってしまいそうな時は深呼吸をする」という感じで、自分がその短所とどう向き合っているのかをしっかり考えましょう。

以上が、今のあなたと同じ状況だった時に私が心がけてきたことです。

長所と短所を見つけることは大変かもしれませんが、ここでのポイントは自分の意見だけではなく周りの意見も取り入れて見つけていくという点です。

自分だけでは分かりきれない部分も、客観的な意見を取り入れることで、より明確となるのでオススメです。

自己分析をしっかりと行い、転職活動に向けて頑張ってくださいね!