1fa1d6a93d74ced3b2abb825a3cc724e_s

転職では自己分析が必須と言われています。

自分を客観的に見れる能力というのは社会人として必須ですし、特に転職となると更に重要になりますが、どのように行えばいいのか分からないというのが本音ではないでしょうか。

私も転職時に自己分析を行う必要があり、非常に悩んだ経験がありますし、何から始めていいのか分かりませんでした。

しかし、コツをしっかりと掴むことができれば意外と難しくないことが分かりましたので私の経験を踏まえてアドバイスをさせて頂きます。

自己分析では自分の強みと弱みをしっかりと掴む必要がありますが、あなたがこれまでの人生で経験されてきた内容を振り返りながら、先ずは強みと弱みを紙に記載して考えを整理して自分なりの答えを作り上げます。

そこから家族や友人など信頼できる人にも相談して客観的にも見てもらいます。

中々弱みを指摘して頂ける人はいませんので信頼関係が深い人の方が良いでしょう。

あなたの考えた強み弱みと客観的に見た強み弱みは異なることがあると思いますが、そこをしっかりと纏め上げることで角度が高くなっていくでしょう。

また、当たり障りのない内容では転職先の面接官に伝わりませんのであなたオリジナルの内容にすることも大切です。

次に転職する理由を明確にし、転職先の企業であなたの強みを活かしてどのように貢献できるかを考え、面接時にアピールできる準備をします。

私は同じ業界への転職でしたので言える範囲で前職の実績をしっかりとアピールしました。

更に弱みをさらけ出しながら現状このような弱みがあると認識していますが、そこを改善・強みにできるように努力していきますとアピールした所、面接官の心に刺さったようでした。

転職ですので就職時の面接は経験されているかと思いますが、やはり転職活動での面接も緊張感がありました。

そこで意識したのは丸暗記したような回答ではなく、丁寧に自分の言葉で伝えることを意識しました。

新卒での就職活動と比較して転職活動のハードルは高いと言われますが、自信をしっかり持って堂々と答えることが何より重要だと思いますし、その中であなたの強み弱みを伝えることが大切です。

最後になりますが、自己分析では転職活動に於いては欠かせないものです。

難しいテーマではありますが投げ出さずに熟考して頂き、納得できる形で転職活動に臨むことで良い結果が待ち受けていることと思います。

大変だとは思いますがあなたの転職活動が成功することを願っております。