2fba7c7e36bc372964a9f83ea225f631_s

30代での転職を考えた時に、その転職活動の中で「自己分析で注意する点は何だろうか」と疑問に思うことがありますよね。

自己分析は新卒での就活の際に経験しているものの、30代での転職となれば、自己分析の仕方も当然変わってくるに違いないと考え、「でも、どこに注意すればいいのかわからない」と悩むわけです。

私も、あなたと同じように、30代での転職を考えたことがありました(実際に転職して、今に至っています)。

そして、その時に、自己分析について悩んだことがあるんですよ。その経験から、少しだけ、お話しさせてただきますね。

自己分析を行う目的は、言うまでもなく就職を成功させるためです。それは新卒の場合とまったく変わりません。

ただ、大きく違うのは、「すでに新卒の際の就活で、一度自己分析を経験している」ということです。

実は、そこがもっとも注意しなければいけない所だと、私は思うんですよね。

つまり、学生の時には、人に言われるままにまじめに取り組んだ自己分析を、30代での転職になると、「自分のことなんて、いまさら分析するまでもなく、よくわかっている」と思い込みがちなんですよね。

これは危険ですし、そんな気持ちでは、自己分析をする意味もなくなってしまうでしょう。

ですから、まずは、「転職を成功させるために、グレードの高い自己分析は、大きな武器になる」という意識を持つ必要があると思います。

さて、その上で、実際に自己分析をする際の注意点として、2つのことを指摘させてもらいますね。

1つは、「仕事に関する、具体的な裏付けのある強み」を見つけること。

学生ならば、漠然とした理由で「これが強みです」とアピールしても許されるでしょうが、30代での転職となれば、そうはいきません。

これまで経験した仕事上の実績や経験に基づいて、「こういう経験をしました。その際に、こういう能力を発揮しました。それが自分の強みです」とアピールすることが、転職成功のカギを握っているのです。

2つ目は、仕事で失敗したこと、マイナス面の経験も無視してしまわないこと。マイナスの経験も、仕事に関する経験であることは間違いありません。

そして、たとえば面接で、「前職ではこんな失敗をしましたが、それをバネにして、仕事で成長することができました」という説明ができれば、それは魅力的な自己アピールになるんですよね。

面接官はさまざまな仕事上の経験をしてきた人ばかりです。ですから、必ず、失敗を経験しています。

それだけに、「失敗を成長に生かす」というアピールは、説得力がかなりあるんですよね。

「うまくいったこと」だけでなく、「うまくいかなかったこと」もチェックして、自己分析に生かすといいでしょう。

以上、30代での転職経験のある私から、同じようなタイミングで転職を考えているあなたへ、自己分析の際に注意したほうがいいと思うポイントをお話しさせていただきました。

よろしかったら、参考になさってくださいね。