6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

20代で転職する際、自己分析で注意する点ってなんなのか、これから転職をする場合や、転職中の場合はとても気になりますよね。

20代というのは社会人としてまだまだ未発展な部分もあるかと思います。

色々なことを吸収しながら自分がやりたい仕事、目標などを設定していこうと色々と試行錯誤していくのが20代の社会人の特徴でもあります。

そしてそんな中で転職を目指す人も多く、最近では転職は当たり前の時代に来ています。

しかし転職の際でも就活と同じように面接などはあります。

そして特に大変なのが自己分析ですよね。

学生の頃とは違い前職などでの経験を元にして考えたりしなければなりません。

実際に私も20代で転職をした身ですが自己分析にはとても苦労をした方だと思います。なのであなたのお気持ちはよくわかります。

そこで今回は、20代で転職をする際、自己分析で注意する点といえばなんなのか、私の経験を元に対処法をアドバイスしたいと思います。

少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

まず20代の転職というのはまだまだ若い世代として転職先は捉えてきます。

若い世代に大切なのは経験はもちろんですがそれよりも伸び代があるかどうか、即戦力になるかどうかだと思います。

なので自己分析をする場合は経験談というよりもこの先、転職先でどのような活躍をしたいか、あなた自身のキャリアについて今までの経験を元に立てていくのが大事です。

転職先でどうなりたいのかをしっかりと面接の場などで意思の表示ができるように考えましょう。

そして自己分析をする場合は必ず前職で頑張ったことや得意だったことを考えるのも必要ですが、前職で苦手だったこと、不得意分野も書き出して、転職先を選ぶ際の一つの基準にすると転職先を間違うこともないと思います。

せっかく転職をしたのにまた前職と同じように不満を持ったり、仕事が嫌になったりしてしまったら転職をした意味がまるでありません。

自己分析は過去の失敗を振り返ることもとても大切です。

20代となるとやはりベテランよりも失敗談などが多いでしょう。

一つ一つじっくり思い出しながら転職を決める一つの指標として考えていきましょう。

主にこの二つを重点的に自己分析を進めていくと自ずとあなたが進みたい方向が見えてくると思います。

転職をするならば20代の今がチャンスとも言えます。

満足が行く転職活動ができるためにもしっかりとした自己分析はとても大切です。ぜひ怠らず進めましょう。