8e6d0f0b00b4a672a4ac18bde87a177f_s

転職の自己分析で見つけておくべき項目とは一体なんなのか?

転職をする場合とても気になりますよね。

転職の自己分析は学生の就活の頃とはまた違い、前職などでの経験を元にしたもっと深い自己分析を進めないと転職活動もぶれてしまいます。

しかしとは言っても得意な人があまりいない自己分析、どのように進めていけばいいのか、何を見つけておくべきなのか最初はわからないですよね。

実際に私も転職の経験があるのであなたのお気持ちはよくわかります。

私は昔から自己分析が苦手で、どのように進めていけばいいのか、何をみつけるべきなのかわかりませんでした。

なので転職活動も思うようにいかず、私は何がしたいのだろうと途方にくれたりもしました。なので自己分析はとても必要だなと感じました。

そこで今回は転職の自己分析で見つけておくべき項目は一体なんなのか、私の経験を元にアドバイスをしたいと思います。

少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

まず転職の自己分析は学生の頃とは違い、前職を通して考えるというが一般的だと思います。

その中で見つけておくべき項目とは「あなたは今後どのような仕事をしていきたいか」「前職で見つけたあなたの不得意なこと、不安なことはなにか」を主に見つけるべきです。

まずは後者の不得意なこと、不安なことについてです。

あなたの仕事に対するマイナス要素を自己分析で知っておくことは転職先を選ぶ際の一つの指標になります。

あなたが苦手と思う職種はできるだけ避けたり、あなたに合う求人情報をしっかりと見つけることができるなど転職を成功させる確率をグンと高めることができます。

もししっかりとそこについて考えず転職を進めてしまうとまた不満などで転職をくりかえすことになりかねません。

そして前者の今後のビジョンを考えるということは転職先との面接など、あなたの意思表示を伝える場でもとても大切になっていきます。

転職ということは社会人として何かしらの経験があるということです。

その上であなたがやりたいこと、転職先でどうなりたいかを転職先の面接官は知りたがるはずです。

そしてあなたが即戦力になるかどうかも判断します。

あなたの意思がしっかりしていると面接も怖がらず堂々としていられますし、転職先でも不満なくやりたいことをやりやすくなるはずです。

転職の自己分析は難しいようで実は単純なものです。

見つけておくべき項目はそんなにありません。しかし深く、納得がいくまで進めていきましょう。それが転職の成功の秘訣です。