1f8b2ceaeb151d0291f896dfefe1162d_s

転職の際に自己分析にかける期間は一体どのくらい必要なのでしょうか。

そもそも自己分析と言われても一体何を分析すればいいのか分からないと思います。

今回はそんな自己分析について記事を書いていこうと思います。

自己分析で必要になってくることはいくつかありますが、そのうちの一つに、なぜ自己分析をするのかというところに注目する必要があります。

そもそも自己分析とは、自分の能力や力量、経験などを把握することが大事になってきます。

自分を見つめ直し、一体何が自分に足りないのか、足りているものは何なのか、それを踏まえて一旦まとめてみましょう。

あとはノートや紙に分析結果を書き出してみましょう。そうすることで視覚情報からも自分を見ることができます。

よく確認しながら分析をすることができます。手間をかけてもいいのでじっくり吟味しましょう。

まず、書き出していく内容としては、自分の職歴でしょう。

今までどんな道を歩んできたのか調べ、思い返すことで、自分の能力を見出すことにつながります。

こんなことはやったことがある、これはできないかもしれない、次にこういうことをしたら危険かもしれないという憶測ができます。

そして、自分のできる能力を細かく書いていきましょう。

僕の場合ノート10ページ分ぐらいにぎっしりと念密な分析と計画を書き記しました。

接客や営業、お客様への対応力、行動力なんかが分かってくると思います。

自分を見つめ直し、能力を把握し、次につなげることが、自己分析の味噌になってくるのです。

そして自分のやりたいことと照らし合わせてみましょう。

それが本当にやりたいことなのか、できることなのか、分析結果をもとに考えていきましょう。

その際無理は絶対にしないことです。

これは経験から言えることですが、自分の能力を過大評価し、分析してしまったことで、実際に転職した時に、自分の能力に見合った仕事ができず、一向に慣れることもできないまま、退職を余儀なくさせられることになりました。

ですから自己分析は転職する際の絶対条件と言っていいです。慎重に行いましょう。

ですから期間は最低でも2週間は見積もっていいかもしれません。

よく分析することが大事です。焦ってはいけません。しっかりと計画を練りましょう。

そして、計画はあくまでも計画です。その通りにならない場合もあります。ならなかったときはそこから軌道修正をしていくと予め考えておきましょう。

ですから計画はより念密に立てる必要があります。