1c7e0943f1e1988a339687b7f878b571_s

女性で転職を考えていて、自己分析をする必要があるかどうか気になりますよね。

自己分析といえば就活中の学生の間でよく耳にする言葉だと思います。

しかし転職活動になると自己分析なんて必要ないのではという考えも出てくるかと思います。

社会人としての経験も持ち、理由があるから転職をするのであれば自己分析はいらないと考えてしまいますよね。

しかし性別関わらず転職の時期だからこそ自己分析は必要だと思います。

実際に私も転職を決めた時は自己分析なんて全くと言っていいほど行っていませんでした。

自己分析をする暇があるならいい転職先を見つけて応募をする方がいいと思っていました。

なので必要なのか、と疑問に思うあなたのお気持ちはよくわかります。

そこで今回はなぜ転職でも自己分析が必要なのか、私の経験を元に必要性と、転職の自己分析のポイントをお教えいたします。

少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

自己分析はまず、転職を失敗させないためにもとても必要なことです。

前職であなた自身が得意だったこと、不得意だったこと、そもそもなぜ転職を決意したのか、将来あなたはどうなりたいか、そこを深堀するのが自己分析です。

これらをあなたはしっかりと述べることができますでしょうか。

私は最初自己分析をせずに転職活動をしていたので軸がぶれぶれで、面接官に深いところを質問されるといつも答えられずにいました。

前職で培った経験があってもやはりしっかりと自分と向き合って深堀をしなければ転職もうまくいかないことをその時学びました。

転職活動の際の自己分析は転職がさらに納得のいく、そして成功できる確率をグンと高める可能性を秘めています。

自己分析を怠れば転職をうまくできても転職先でまた同じような理由で不満などを持ち、また転職を繰り返す、という悪循環を生み出してしまいます。

今の時代転職は当たり前になっていますが何回も転職を繰り返しているのでは精神的にも辛いですし、気づいたらあまり経験値が上がらずに歳をとっていたということにもなりかねません。

ビシッとあなたが満足のいく転職ができるためにも自己分析は必要です。

性ならば女性ならではの強みも自己分析の一つとして考えられますし、大きな自信にもつながりますよね。

いかがでしたでしょうか。転職の際の自己分析の大切さが少しでも伝わったでしょうか。

悔いのない、満足のいく転職にするためにも自己分析をしっかりと行ってあなたが進みたい道をしっかり把握して行動しましょう。