0e4bbd598c499773e022537816c0d11d_s

転職の自己分析にかける時間はどのくらいが理想なのか、転職をする人ならば気になりますよね。

自己分析はよく学生の就職活動の場でよく耳にする言葉です。

いろいろなセミナーや参考書でやり方などを伝えてますね。

しかし転職の際にも自己分析は必要なのでしょうか。

そして自己分析にかける時間がどのくらいが理想なのでしょうか。

実際に私も転職をした身なのであなたの疑問に思う気持ちはよくわかります。

私の場合、そもそも転職に自己分析は必要なのかという疑問もあったので自己分析にかける時間はほとんどなくてもいいのではないかと思っていました。

しかし転職だからこそ自己分析は必要なことが転職中にわかったのです。

そこで今回は転職の自己分析にかける時間はどのくらいが理想なのか、自己分析のやり方や質も踏まえて、私の経験を元にアドバイスをしたいと思います。少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

まずなぜ転職に自己分析が必要なのかというと転職の成功率を高めることができるからだと思います。

転職の自己分析は主に、前職であなたが苦手だったこと、得意だったことやりがいだったことや、この先仕事を通してどうなりたいか、などあなたの過去と未来の仕事との関わり方を考えることだと思います。

あなたと仕事についてをしっかりと考えることで進みたい方向の軸がしっかりとしていきますし、転職先選びも本当にあなたが転職をしたい企業を選ぶことができます。

なので転職の失敗も起きにくいです。実際の私がそうでした。

転職の自己分析はあなたの仕事をより良い方向へ導いてくれるのです。

さてそのような自己分析は一体どれくらいやればいいかというと、結論が出たら次に行動を取るくらい、あまり時間をかけなくても良いと思います。

転職をするということはなにしかしら転職理由があるはずです。そこから深堀を進めていけばいいのでそれほど時間はかけなくても納得のいく答えや、転職のヒントが見つかるかもしれません。

しかし妥協はしないようにしましょう。必ずあなたが納得のいく転職が進められるようになるまで毎日少しづつでも良いので自己分析の時間をとりましょう。

他のことをやりながらでも全然いいと思います。

自己分析の時間をきっちり取るということよりも日々の中で進めていく方が考えも深まります。

いかがでしたでしょうか。

一見面倒臭そうな自己分析というワードですがあなたの納得のいく転職のためにも怠らず自己分析を進めてみましょう。

きっと転職が成功できる糸口が見つかると思います。