370a5239367ac83678930730d67efdac_s
 
40代での自己分析、なかなかハードルが高いですよね。

私自身、40代で二度の転職を経験した人間ですので、そのようなお気持ち、とてもよくわかります。

そんな私が考える40代の自己分析のやり方について、まとめてみました。

「指導」などというおこがましいことは申しませんが、こんな考え方もあるのだなと参考にしていただければ幸いです。

40代が20代とは違うこととは、なんでしょうか。まず、経験値が全く違いますよね。

もちろん、成功した経験もあるでしょうが、苦い経験もあったはずです。それに伴い、心情も変化してきたでしょう。

家族が増え、環境が変化し、考え方も変わってきたかもしれません。

立場がかわり、リーダーとなって他の人をまとめたり、責任を任されたりすることにより、仕事に対する見方が180度変わる人もいます。

また、体力的にも衰えを感じ始める時期、若い頃のような頑張りが効かなくなる、記憶力が低下するなどの変化を感じることもあるでしょう。

一方で、若い頃なら、怒り出していたに違いない理不尽なことにも冷静に対処できたり、あらかじめトラブルを予測して対策を練ることができたり、経験を重ねたゆえの柔軟な行動ができるようにもなります。

では、そんな40代の自己分析には何が必要なのでしょうか。

20代の頃はマニュアル本を読んで、面接官うけのいい自己分析結果を並べてみても、それなりに「フレッシュでいいな」「やる気がありそうだな」などと評価してもらえたかもしれません。

しかし、40代で同じことを行えば、それはどこか薄っぺらで、中身のないものにみえます。

40代の自己分析には、ある意味「深み」ともいえる中身のある内容が必要です。

では「深み」を出すにはどうすればよいか、自論ではありますが、そのためには自分自身の成長を、説得力のある具体的な言葉で述べることが必要だと私は思います。

私自身が行った方法を挙げてみましょう。

まず、自分自身が過去に失敗したと思える出来事を書き出してみます。

辛かったこと、悲しかったこと、後悔していること、すべてを振り返ってみるのです。

当時の自分がどう考え、どう行動したのかを思い出し、どんなことを学び、今の自分ならどうするか考えてみる。その変化が、まさに、あなた自身の「成長」であり「進歩」です。

この自己分析は、けっして20代のあなたには行えません。同時に、成功したこと、うれしかったこと、楽しかったことも思い出してみましょう。

それを勝ち取るためにあなたがどんな努力をしたのか、それによって、あなた自身が何を得て、どう成長したのか考えてみましょう。

この内容も自己分析に役立ちそうですね。

もちろん、大失敗の歴史をそのまま面接官に伝えるようなことは、経験を重ねた賢明な40代のあなたなら、決してしないと思います。

最終的に「自分はこんなにも成長した」「40代の自分を雇う価値がある」とわかってもらうことがポイントですね。

そのための最終的な修正は必要ですが、まずは自分自身の歴史を振り返るつもりで、客観的に自分の成長を分析してみましょう。

それに基づいた自己分析結果は、きっと面接官の心に響くはずです。